News

ニュース
2022.11.18

実際に働く歯科衛生士の日常Style♪2年目で分かったコツ。ここが賢いポイント!

1年前と比べて、日常はどんな風に変わりましたか?入職1年目で努力して知識を得て、2年目で余裕が出てきた人や視野が広くなった人もいると思います。2年目になってもあんまり変わらないな・・そんな方もいることでしょう。皆さんはどんな日常を過ごして、どんな風に変わりたいですか?ここでは一例をご紹介。

今回お話をしてくれたのは、審美歯科に入職して2年目になる寺西さん

これから需要が伸びていくのは審美歯科か訪問歯科と聞いて、私はキレイにしていくことに興味があったので審美&予防歯科を選びました。

 

\1年目の自分と比べて、2年目で身に付いたことはありますか?/

身に付いたことは、自分の担当する患者様を満足していただけるように考えて行動する力。そして、以前よりも自分に自信が付きました。

ホワイトニングをしたい方がいらっしゃったらまずはホワイトニングの難易度を確認します。歯の色やエナメル質の硬さはどうか、色むらはあるか・・・。白くなりにくい歯だとわかったらしっかり共有しますが、ただ伝えるだけでは不十分。ご来院した患者様が歯を明るくしたいのには理由があります。その希望をできる限り叶えられるように、相手の立場や希望を理解しつつ、わかりやすいように伝えることに気を付けています。

\審美歯科入職1年目の日常/

入職1年目ってとにかく覚えることがたくさん。でも今になってわかる自分で考えて行動できるため』の訓練。この力を手に入れると習得してからが違う!やりがいがたっぷり!

同じ作業の繰り返しではなく、決まった見本をもとに自分で練習したり、歯科衛生士同士で相互に練習しあったりして、ここをもうちょっとこうしようって毎回変えています。この先ずっと活躍できるかっこいい歯科衛生士になりたい!

\2年目で分かったコツ。ここが賢いポイント!/

自分が楽しんでいます!

患者様との日常会話で笑いあったり、ホワイトニングして歯の色が変わって一緒に喜んだり、クリーニングが気持ちよくて寝ちゃった・・・!というお声を聞いたり。毎日が新鮮でいろんな人と関われる楽しさを噛み締めています。これも、1年前の自分が頑張ったからかな~って。頑張って得た知識や技術必ず自分のいいことにつながります!!

日常はこんな感じです♪空き時間ができたら施術練習します!

ホワイトニングの対応方法と痛みのないクリーニングを行うコツが習得できたので、もう他の医院でも十分通用する技術をGETできたかな・・・と。

歯科衛生士の資格を活かしつつ、自分の市場価値を上げていきたいです。

審美について何も知らなかった1年目と比べて、随分と出来ることが増えました。1年前と振り返って、できる幅が広がる経験ができるのは審美歯科ならではだと思っています。

1年ですっかり大人の雰囲気になった寺西さん。自分に自信がつくと日常がいきいき♪


リニューアルした歯科医院で、店長と仲良くツーショット

次回配信も楽しみにお待ちください♪

白くなりにくい歯の見極め方と対応方法がわかるようになるセミナーはこちら ※渋谷会場は受付終了

リニューアルオープンした歯科医院の見学はこちら

PAGE TOP