ホワイトエッセンス
キャリアプラン 加盟店コンサルタントマネージャー

加盟店コンサルタントマネージャー 羽田さん

先輩インタビュー 加盟店コンサルタントマネージャー

現在の仕事内容と心がけていることを教えてください。

本部の運営部という部署の総責任者をしております。運営部には加盟店にコンサルティングをするスーパーバイザー、加盟店に教育をする研修講師、お客様の問い合わせに対応するコンシェルジュデスク、海外のホワイトエッセンス業務、そしてパイロット医院の医療法人行智会に対する経営支援等のセクションがあります。
運営部ではフランチャイズに加盟している医院が、本部の掲げるサービスが基準に達しているかどうかをチェックし、そこに対して助言、支援、指導してまいります。仕事の中で心がけていることは、できるだけ部下の話を聴く時間を確保するようにしています。というのも私が部署の全ての業務に精通しているわけではなく、部下の方が経験においても知識においても専門家ですので、部下が仕事を進めやすい環境を作っていくのが私の役割だと思っております。

本部の坂本社長はどんな方ですか?

最初の面談でお会いした印象は、笑顔の奥に人を見抜く、厳しい視点をお持ちの方だと思いました。入社後の研修では、私は運よく社長の指導を直接受けられる立場にありました。今考えると改めて貴重な機会に恵まれたなと思います。お話いただくことに一貫性があり、自らの熱い想いを持って伝えていただく姿が印象的でした。
ホワイトエッセンスに入社前、歯科医院でしか勤めたことのない自分としては、相対していた院長の感覚とは違い、これが「一般社会の経営者」なんだ!と感じたのが坂本社長だったので、聞くこと全てが勉強でしたし、素直にすっと自分の中に浸透していく感覚が、とても新鮮でした。
これだけ経営トップに近い位置で指導してもらえたのは、本当に恵まれていたと思います。そのおかげで社長の経営に対する思いや考え方が深く浸透していると実感しています。私はこの経験を糧に、社長の考えを伝達すべく、仕事に関わる全ての人たちにこの教えを伝えていくことが使命だと感じています。

入社してから現在の職種に就くまでの流れを教えてください。

専門学校卒業後、一般歯科に2年、矯正歯科に2年半ほど勤務しました。その後上京し、歯科衛生士として新たなキャリアステップを踏むべく、ホワイトエッセンスに入社しました。

入社後、セラピストとして一号店である渋谷(現在は閉店)店に勤務し、その半年後、銀座店に異動しました。その後セラピストとして勤務を行う中で研修講師も現場と並行して、2年間ほど担当させていただきました。そして銀座店の店長に就き、統括店長を経て、2013年に本部の運営部部長に就任しました。今振り返ってもすさまじいスピードで、現場業務から経営サポートを行うまで、その時々で得た経験を糧に突き進んで来た感があります。特にフランチャイズ店舗に関しては、なかなか本部が理想とする状態を、構築できていない現状に対し、どう変えていくかという点に苦労しました。
でもキャリアアップする中で常に新しい発見や気づきがあり、その機会を成長の糧と捉えてチャレンジできたことは、何よりも代えがたい経験でしたし、そういった環境を必然的に上司が作ってくれたと感じています。

私自身、高いハードルの目標を設定された方が、さらに燃えてチャレンジしたくなる性分なのですが、そのスタッフの個性も活かしつつ、いかに能力を引き出すかというマネジメントを、ここでも坂本社長自ら実践されていました。このような点も間近で体験できたことは、今の私に大きく影響を及ぼしています。

SV業務でやりがいを感じるのはどんなときですか?

私自身スーパーバイザーを統括する立場として実践していることは、まずは各スーパーバイザーからの報告をしっかり理解し、その内容を把握した上で、個々の状況を踏まえた中の的確なアドバイスができるように心がけています。
フランチャイズ店舗の経営を機能させるためには、当たり前ですが、その店舗を担当するスーパーバイザーが的確に機能していなければなりません。
もし私自身が、フランチャイズオーナーであれば、「このスーパーバイザーにアドバイスされたことに納得して、腹落ちするか」という視点で常に見るようにしています。スーパーバイザーも人によってパーソナリティがあり、個性があります。私はそのスーパーバイザーたちの、良いところを伸ばしていくことを前提に、相対するフランチャイズオーナーのタイプ適正なども見極めながら、適材適所に配置することで、より機能することを考え、対応しています。
前述したように、私は入社後あらゆる立場での業務を経験させていただきました。

自らの経験を元に、成功体験だけでなく失敗体験も含め、アドバイスをすると同時にスーパーバイザー自らが考え、動けるようにサポートしていくことが大切だと思いますし、スーバーバイザーを介して、加盟店の経営にお役立ていただき、フランチャイズオーナーが「ホワイトエッセンスに加盟して良かった」と思っていただけることが何よりのやりがいです。

SV業務で壁にぶつかったことはありますか?また、壁を乗り越えられた理由は何ですか?

フランチャイズ店舗に向けて具体的なアドバイスを行う際、しっかり現状を理解した上で的確なアドバイスができるか、言葉でいうことは簡単ですが、実際には非常に難しいことです。院長やスタッフさんの人的タイプ特性に加え、私自身が全フランチャイズ店舗の店舗データをしっかり把握していなければなりません。
それでいて初めて的確な指示が、スーバーバイザーたちに出すことができるのです。
その上で、フランチャイズオーナーとスーパーバイザーとのリレーション構築を円滑にして、精度を高めていくことには常に苦労が伴います。
スーパーバイザーは社員であり、経営者ではありません。しかしながら自らもあたかも経営者のごとく、経営者としての感覚を兼ね備えながら、同じ目線で会話ができるようになってほしいと思っています。

私自身、一人でできることは限られています。会社のサポートを受けながらうまく周りを巻き込んで取り組むことで、成長のスピードを速め、次世代のスーパーバイザーを育成していきたいと考えています。

今後かなえたい目標・夢は何ですか?

多くのスーパーバイザーを育成しつつ、今のスーパーバイザー統括というポジションもいずれ、次の人にバトンタッチしていきたいと考えています。
私自身は次のステップとして、新しいことにチャレンジしたい気持ちが強いです。特に新店舗の立ち上げに関しては、一からやってみたいですね。加盟店開拓から、実際にフランチャイズとして店舗ができるまで、改めて一貫してやってみたいです。
将来的な自分の夢としては、新店舗の立ち上げの延長として、海外出店なども担当してみたいです。海外にもホワイトエッセンスのヴィジョンや考え方を共有した店舗が増えれば、もっとこの業界の素晴らしさをグローバルな視点も持って、発信できるのではないかと思っています。
もちろんそのために、今のフランチャイズ店舗の医院が、売り上げはもちろん、歯科業界においての立ち位置、業界内外からの見られ方全てにおいて、1番になるようなサポートをしていきます。

これから就職される方へのメッセージ

スーパーバイザーという職種においては、今現在歯科衛生士の資格を持っていない方がほとんどですが、フランチャイズオーナーに対して、厳しい目線を持ちつつも、共に成功に向けて一緒に医院を創り上げていく上で、熱い情熱を持って取り組んでほしいと思っています。自らの店舗であるという感覚、経営者と同じ感覚と持って取り組める方であれば、必ず道は開けると思います。
あと、「健全な自己否定」ができる方がいいです。「健全な自己否定」とは、謙虚に自らの至らない部分に目を向けて、しっかりそれを認識し、対峙することのできる人を指します。自分に足りないものを把握し、その上で努力・改善していく先に成長があります。私自身それを常に意識しています。