ホワイトエッセンス
キャリアプラン トップセラピスト

トップセラピスト 山口さん

先輩インタビュー トップセラピスト

ホワイトエッセンスに勤務しようと思った決め手は何ですか?

ホワイトエッセンスに入社して5年、オープニングスタッフとしてずっと新宿店で働いています。学校卒業後、進路を決める際は、歯の「見た目の美しさ」にこだわった審美歯科を行っている歯科医院を中心に探していました。
結果卒業後、2医院で働いたのですが、その時はとにかくスキルアップしたい!という想いが強かったですね。でも次第にスキルアップと共に、歯科医院特有の空間ではない、美容エステティック的な施術を行う、ホワイトエッセンスの存在を知り、強く興味を持ちました。

それに加えて、「歯科衛生士が主役になれる」というキーワードにとても共感しました。全ての歯科医院がそうであるとは思いませんが、私の経験上、ドクターと患者様のアシストにとどまっていたなと思います。ここでは歯科衛生士が主役でやりがいも大きいですし、本当にこの仕事に出会えて感謝しています。

歯科衛生士の仕事をしていて、嬉しかったことは何ですか?

今まで働いていた歯科医院では、歯科衛生士が直接患者様から「ありがとう」といった、感謝の言葉をいただくことは少なかったように感じます。
治療がメインでいらしている患者様は、辛い思いをしている方の方が多く、まずは治してほしい!という思いが強いこともあり、ねぎらいの言葉をかけていただくような状況でもなかったのかなと…。
一方でホワイトエッセンスにいらっしゃるお客様は、「笑顔になりたい」「歯を白くしたい」など、虫歯治療のような主訴はお持ちでないものの、改善したい目的が明確な患者様ばかりです。実際に改善されたお客様は皆さん、とても笑顔になって帰られます。そういったお客様の感動の場に立ち会え、感謝の気持ちをお伝えいただくことが何よりのやりがいになっています。

歯科衛生士の仕事をしていて、辛かったことは何ですか?

当たり前のことではありますが、患者様に適正なサービスを提供するには、当然覚えなくてはいけないことが想像以上にたくさんあります。
お店としてスタッフ全員で患者様の対応を行っていく中で、スタッフによってサービスレベルが変わるようなことは絶対あってはならないこと。患者様のご要望やご期待に応えなくてはならないというプレッシャーは大きいです。でもそれは当然やりがいとも言えます。

辛いことを乗り越えられた理由は何ですか?

私自身なぜ頑張れるのかと言えば、患者様の笑顔が見たい、感謝の言葉をかけていただきたいということはもちろんですが、それに加えてお店のスタッフ全員が技術の指導はもちろん、様々な悩みを聞いてくれたりと、協調し支え合う風土がホワイトエッセンスにはあることが大きいです。患者様のために全員が一致団結して、課題を克服する団結力、何でも言い合える環境が、何より私にとって支えです。

今後かなえたい目標・夢は何ですか?

大きな目標かもしれませんが、私はこの仕事を通じて、もっと日本に笑顔を増やしたいと思っています。
ホワイトエッセンスは「笑顔創造産業」というスローガンを掲げ、サービスを通じて一人でも多くの方を笑顔にすることが企業としての使命であるとしています。

日本人のデンタルIQはまだまだ低いと言われています。要は歯科医院に当たり前に通う風土がまだ定着していないということです。そのためにホワイトエッセンスにできることはたくさんあると思っています。自分が相対した患者様が一人でもキレイになることはもちろん大事です。でも会社として、お店も増やし仲間も増やして、自分が教えてもらった技術やサービスをより多くの仲間となるスタッフに伝えていきたいと思っています。ここにはそれが実現できる環境があります。
私個人としては、最終的には店長を目指して、自分のお店を持ちたいと思います!一緒に働くスタッフがみんな大好きですし、身近に尊敬できる店長がいることもその理由です。店長のために頑張るスタッフがいて、チームワークを発揮していることもホワイトエッセンスならではと思います。

憧れている先輩・スタッフはいますか?どんなところに憧れますか?

いちばん影響を受けた人は、間違いなく加盟店コンサルタントマネージャーの羽田さんです!
この新宿店に入社してすぐ、技術指導を含めた「働き方」全てを、羽田さんに教えていただきました。技術、人柄、考え方、一人の女性として・・・私にとっては全てが新鮮で、刺激的でした。日々の指導に忙しい中でも、一人一人のスタッフを見て、個々のケアを欠かさずに行っている姿も尊敬しています。
羽田さんって目がキラキラされているんです!本当にこんな素敵な人に出会えて幸せです。

なぜ衛生士になろう、と思われたんですか?

実は父親が歯科技工士だったのです!幼心でなんとなくですが、父親の仕事が「歯医者さんに関する仕事」であることは認識していました。
それもあって、歯科関連の職業に興味を持ったのだと思います。
実際父親の勧めもあり、歯科衛生士を目指すことになりました。

ホワイトエッセンスで働くにあたって、大切なことは何ですか?

何事にも、情熱をもって取り組める人がいいと思います。これは仕事に限らないのかも知れませんが、人を喜ばせ、感動を与えられる人。でも全ての人が最初からそういった人ではないとしたら、ここでは自分の中の「情熱のスイッチ」を入れてくれる環境があると思います。

これから就職される方へのメッセージ

私自身も今振り返ってみたら、自分自身でその情熱を発見できていなかったのではないかと思います。それは仕事を通じ、患者様、スタッフと日々接していくことで、環境の変化を感じ、まわりの影響を受け、自分軸ではなく仕事を通じて仲間の大切さや、思いやりの気持ちに気づくことができたのではと思います。
だから必ず「自分には情熱の源があるのかな?」と思っている人でも、気づきがあることで成長することができると思います。
そしてプラスで何より素直な気持ちが大事だと思います。「情熱」と「素直さ」がキーワードですね!